Heroku + FireBaseを利用してRailsアプリケーションデプロイ 概要

2020年12月2日水曜日

Firebase Heroku Rails twitter

t f B! P L

概要

herokuとfirebaseを連携させてアプリケーションをデプロイするまでのやり方を書いていく。
基本方針としては徹底的に無料。サーバー運用周りで課金はしない。
できたのはこちら。ツイッターでバズった動画画像を自動収集している。

それぞれの役割

heroku

  • ツイッターの情報を定期的に収集する
  • Railsを搭載して画面表示する

firebase

  • herokuと連携してツイッターデータを保存する






実際にやること

heroku

  1. herokuアカウント作成
  2. gitアカウント作成(herokuへpushする連携のため)
  3. Railsプロジェクト作成
  4. firebase、ツイッターのkey情報をherokuの環境変数に登録する
  5. ツイッター情報定期バッチ用にHeroku Schedulerを導入

firebase

  1. firebaseアカウント作成
  2. RealtimeDatabaseを使用するためのkey情報取得
  3. RealtimeDatabaseのルールを設定する

細かいことは省いたけど、上記を実施すればアプリケーションをリリースできる。詳細は次回。





自己紹介

Webエンジニアをやっています。日々思ったことや、読書レビュー、IT系の記事などを書き連ねています

広告

Ruby mapでnilが入ってしまう件

  概要 ブロック内の結果を配列にして返すrubyのmap。 便利だが以下のように特定の値の時にスキップしたいケースでは、nilが入ってしまう ( 1 .. 5 ). map do | v | next if v == 3 v end => [ 1 , 2...

QooQ