ADHDと診断された経緯

ある日、僕はADHDと診断されました。以下にまとめていきます。

ADHDを知ったきっかけ

「すぐに忘れるよね」 
「話し聞いてないでしょ」
「何回同じ間違いを繰り返すの」 
「もうちょっと考えてよ」

 僕はWebエンジニアをやっています。最近新しい客先に常駐することになりましたが、 仕事についていくことができず、上記のようなことを日々いわれる毎日です。

自分はなぜできないんだろう。努力が足りないのか。そもそも何をすればいいのか。頭の中はぐるぐる回るばかりで、前に進まず、思考停止の日々です。

ある日、精神的に追い詰められているなと自分自身で感じ、心療内科のカウンセリングを受けにいくことにしました。 そこで出た診断内容は

「ADHDの傾向があります」と。

内心、若干ショックではありましたが、納得できる部分が大多数を占めていました。

病名がついたからといって、前に進んだ訳ではありません。僕には妻も子供もいます。 自分のことだけ考えていい訳ではありません。何かしらの対策を立てないといけないと思いました。

ADHDの特性

そもそも、ADHDの特性とは? ADHDには多動性衝動性不注意型とあるようで、僕は不注意型の傾向が強いADHDでした。

本来は子供の時点で発覚するものですが、昔の時代は認知度が低く、的確に診断されないまま、大人となってしまうことがあるそうです。大人の発達障害として近年注目を浴びています。

特性は以下。

時間、スケジュール管理

時間管理、スケジュール管理をするのが苦手。外出や仕事にいくにしても、いつもギリギリバタバタで間に合わない。 

僕は、時間に追われて何か作業をすることが苦手で、焦ってミスをしてしまいます。 スケジュールにしてもそうです。何から優先的にやればいいか、何日までにこれをやればいいかなど、整理して実行することができません。

苦労して自分で立てたスケジュールも守れない日々を送っています。

人の話を集中して聞けない

注意力が散漫なため、集中して聞けない。話を聞いてる途中に別のことを考えてしまう。

人が話している時に、集中しないといけないのに、他の人の喋り声や音に気を取られ、 言葉尻だけしか聞き取れないことが多いです。結果、間違った作業をしてミスを犯してしまいます。

忘れが多い

ワーキングメモリと呼ばれる、短期記憶のための記憶領域が不十分であるため、数十分前のこともすぐに忘れてしまう。 

数ヶ月前や数年前のことは割と鮮明に覚えています。しかし、昨日教わったことや、犯した間違いなど、 すぐに忘れてしまい、同じミスをしてしまいます。

また、作業の指示の内容が一つだけなら良いのですが、二つ、三つと増えるとすぐに忘れてしまい、「何するんだったっけ?また聞かなきゃ・・」となってしまいます。

ADHD対策

時間、スケジュール管理

僕はPCのアプリのタイマーをセットするようにして時間管理できないかと考えました。 1時間ごとにつけてみましたが、タイマーの延長、延長であまり結果を出すことができませんでした。

この記事も1時間で書き終えると決めたのに、もう1時間半経っています。

これはこの時間までに仕上げる!という、やる気の問題かもしれません。ADHDの人は脳内の神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンが不十分なことがわかっています。これはやる気や集中力に関するもので、これらを増やすことに重きを置いた方がいいかもしれません。 増加させる方法があれば、随時書いていきます。

人の話を集中して聞けない

具体的な対策は今のところ、わかりません。強いて挙げるなら、人の目を見て話を聞く。でしょうか。 目を見るように意識を向ければ、少なくとも他に気を取られないかと思います。

忘れが多い

ADHDの対策として、ネットの情報によく出るのが何でもかんでもひたすらに手書きでメモを取るというのがあります。 

これはADHDに限らないかと思いますが、メモというものは、書いたことを反復して読み返さないとなんの意味もありません。 

また、手を動かして、頭に入れるというのは、確かに効果があるかと思いますが、覚えられないことを手書きで素早く書けるとは思いませんし、情報量が多いのであれば、要点を絞って書く必要があります。

他の方はどうかはわかりませんが、僕は要領が悪く、人の話を聞くこともできないので、そんなに効率よくメモを書くことができません。 

僕が実践していることは、PCのテキストエディタに備忘録を作って、困ったこと、知らなかったこと、議事内容などを書いています。カテゴリなども区切っていません。どうせ整理などできないからです。 これなら、数日経って忘れたとしても、テキスト内でキーワード検索することができますし、手書きより早く入力できます。

あとは、実践はしていませんが、PCの付箋が考えられます。怒られたこと、注意されたことを付箋に書いて常に画面表示させます。 邪魔かもしれませんが、注意されることが少なくなったなと感じたら消せばいいのです。 実践したら、結果報告もしていきます。

まとめ

このブログは誰かを元気付けたり、役立てたりする目的で立ち上げたブログではありません。 自分の人生を少しでもよくしたい、反省に活かして成長したいと思って書いています。 

僕は文章力や論理的思考力がないため、人に誤解を与えたり、何を言っているかわからない時が多いです。 この記事の質も、今の僕の文章力ではこれが限界です。後々この記事を読み返して、「恥ずかしい」「この時こう書けていたら」と思えるようであれば、それは成長の証だと思います。 そんな自分になれるよう、これからも日々思ったことを綴っていきたいと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

ADHDはWebエンジニアに向いているのか?

React 環境構築からHelloWorldまで

Twitterとwordpressの連携のためにやったこと